“超”個性的な新マスコット登場に賛否両論!? 誕生秘話には創作者の溢れるクラブ愛が

スコティッシュ・プレミアリーグのパーティック・シッスルFCが発表した新マスコットが話題を呼んでいる。黄色いトゲトゲと一本眉が象徴的なマスコットの名前は「キングスレイ」。見た目の評判は芳しくないが、スポンサー契約にともなって作られたものにもかかわらず、ただのビジネスにとどまらないクラブ愛が詰まったひとつの”芸術作品”だった。

2015年06月23日(Tue)15時00分配信

text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , ,

スコットランドで個性的なマスコットが誕生

スコットランドで個性的な新マスコットが誕生! 創作秘話にはクラブ愛溢れる
左からクラブ幹部のマクスウェル氏、キングスフォード・キャピタルのウィルキンス社長、キングスレイ、作者のシュリグリー氏【写真:Getty Images】

 スコティッシュ・プレミアリーグのパーティック・シッスルFCは22日、クラブの新たなマスコットを発表した。

 全身黄色で統一され、上半身は絵に描いた太陽のようなトゲトゲで、二足歩行。さらに一本眉と白目というあまりに個性的な容姿が、世界中のサッカーファンの度肝を抜いた。

 しかし、このマスコット誕生の裏にはしっかりとしたストーリーがある。クラブ公式HP上で事の顛末が明かされている。

 パーティック・シッスルFCは来季から米・カリフォルニア州に拠点を置く投資顧問会社キングスフォード・キャピタル・マネジメントとスポンサー契約を締結した。少なくとも2年間の契約で、ユニフォームの胸に会社のロゴが掲出される。

 そのキングスフォード・キャピタル・マネジメントのマイク・ウィルキンス社長が数年前に、お気に入りの現代アーティストのデイビッド・シュリグリー氏とパーティで会ったところからストーリーが始まる。

 パーティで意気投合した2人は、シュリグリー氏が芸術学校時代に過ごしたグラスゴーを本拠地とするクラブをサポートしようと立ち上がったのだ。

 今年NBAファイナルを制したゴールデンステート・ウォーリアーズの株を保有し、スタンフォード大学大学院でMBA(経営学修士)を取得した優秀なビジネスマンであるウィルキンス社長は、「私はこれまでイギリスでこのような機会を探してきたが、最適なものを見つけられなかった。パーティック・シッスルFCについてシュリグリー氏に話したとき、それは完璧に噛み合ったようだった。次のステップはクラブと話すことだったんだ」と、スポンサー契約がとんとん拍子で進んだことを明かしている。

1 2

Comments

comments

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top