中国の習近平国家主席、壮大な夢を掲げる「代表チームを世界一に」

2016年02月04日(Thu)11時50分配信

photo Getty Images
Tags: , ,

中国の習近平国家主席
中国の習近平国家主席【写真:Getty Images】

 近年の中国スーパーリーグは、欧州主要リーグを始め世界各国から有力選手を高額な移籍金で連れてくるなど、移籍市場で猛威を振るっている。

 江蘇蘇寧は中国史上最高額となる2800万ユーロ(約36億4000万円)でチェルシーからブラジル代表MFラミレスを獲得。しかし、その1週間後には広州恒大がアトレティコ・マドリーからコロンビア代表FWジャクソン・マルティネスを4200万ユーロ(約54億6000万円)で獲得。難なく記録を更新した。J・マルティネスの移籍金は、中国に限らずアジア全体での最高額金額となる。

 そんな中国だが、もはやサッカーは“国策”のひとつなのかもしれない。英紙『デイリー・メール』は、中国が将来的なワールドカップ招聘を目指していると伝えている。

 また、習近平国家主席は「私の中国サッカーへの最大の願いは、中国代表が世界一のチームになることだ」と語っている。

 現在の中国リーグはどのチームにも欧州で名を馳せたスター選手が所属しており、ACLでも広州恒大が優勝するなど、クラブレベルでは着実にレベルが上がっている。

 一方、代表はワールドカップアジア二次予選敗退の危機に瀕している。1月にはアラン・ペラン監督を解任し、今月にガオ・ハンボ監督を招聘した。

 クラブは大物選手を獲得しているが、それを代表に還元できているとは言い難い。今後の中国サッカーにおける課題となりそうだ。

【了】

Comments

comments

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top