もはや1強の仏リーグ。“別次元”PSG、首位快走で今月中に優勝の可能性も

2016年02月08日(Mon)12時33分配信

photo Getty Images
Tags: , ,

イブラヒモビッチ
PSGのズラタン・イブラヒモビッチ【写真:Getty Images】

 フランス・リーグ1の優勝チームは、もう決まってしまったのだろうか。

 パリ・サンジェルマン(PSG)は第25節に行われたマルセイユとのナショナルダービーをズラタン・イブラヒモビッチとアンヘル・ディ・マリアのゴールで2-1の勝利を収め、今季のリーグ戦無敗をキープした。

 第25節終了時点で、PSGは22勝3分無敗の勝ち点69。2位のモナコは12勝9分4敗の勝ち点45であることから、いかにPSGが抜きんでた存在かがうかがえる。

 さらに、PSGがもし2月の残り3試合を全勝した場合、モナコの結果次第では早くも優勝する可能性がある。

 PSGが3連勝し、モナコが3試合で1分け以下に終わった場合、残り10試合で勝ち点差が31以上に広がるため、PSGの4連覇が決まる。

 近年は潤沢な資金で数々のビッグネームを獲得し、フランス国内では敵なしのPSG。もはやその強さは“別次元”なのかしもれない。

【了】

Comments

comments

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top