伊メディア、長友は「災難」。劇的逆転ゴール献上で最低評価

2016年02月15日(Mon)10時53分配信

photo Getty Images
Tags: , , ,

長友
インテルの長友佑都【写真:Getty Images】

 インテルは現地時間14日、セリエA第25節でフィオレンティーナと対戦し、アウェイで1-2の逆転負けを喫した。

 日本代表DF長友佑都は先発フル出場したものの、後半アディショナルタイムにマークに付いていたクマ・ババカルをフリーにさせてしまい、決勝点を献上してしまった。

 試合は大荒れの展開となり、インテルは2人が退場となっているが、イタリア『カルチョメルカート.com』は見出しに「長友は災難」と題し、チーム最低点となる「4」を与えた。

 寸評では、「最初の20分はほとんど何も理解していなかった。残りの70分、ほぼ試合からいなくなった。同点ゴールのシーンではボルハ・バレロのマークを外した」とし、同点弾でもマークミスがあったと酷評している。

 インテルは次節、ホームでサンプドリアと対戦するが、汚名返上の活躍となるだろうか。

【了】

Comments

comments

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top