『サッカー本大賞』読者投票! あなたが選ぶ2015年、最も面白かったサッカー本は?

カンゼンが創設し、3月10日に第3回が開催される「サッカー本大賞」。現在、選考委員による一次投票が終わった。

2016年02月17日(Wed)10時21分配信

text by 編集部
Tags: , , ,

あなたが選ぶ最も面白かったサッカー本はどれ?

 3月10日に第3回が開催される「サッカー本大賞」。

 本賞では、2015年度(1/1~12/31)に発売されたサッカー本(実用書、漫画をのぞく)すべてを対象に選考委員によって決定されます。現在、下記7作品が優秀作品として選ばれています。

 この中から二次選考が行われ、大賞が決定します。

 フットボールチャンネル上では読者の皆さんからの投票を行い、読者賞を決定します!

 読者賞受賞作は3月10日の授賞式にて発表されます。皆さん、ぜひ奮って投票下さい。

サッカー本を1点ご記入ください (必須)


※優秀作品に選出された『オシム 終わりなき闘い』の著者、木村元彦氏より辞退の申し出がありました。よって、大賞、読者賞選考のノミネートからは除外させていただきます。詳細はこちら。

 投票締め切りは2月29日となります。

「サッカー本大賞2016」の優秀作品6冊(タイトル五十音順)

サッカー本大賞
選考委員によって決定された6冊の優秀作品

『サッカー日本代表が「世界一」になるための5つの条件 ワールドカップ勝利の極意』(河出書房新社)
西部謙司 著

『ラストピース J2降格から三冠達成を果たしたガンバ大阪の軌跡』(KADOKAWA/角川書店)
下薗昌記 著

『ルイス・スアレス自伝 理由』(ソル・メディア)
ルイス・スアレス 著 山中忍 訳

『パーフェクトマッチ ヨアヒム・レーヴ 勝利の哲学』(二見書房)
クリストフ・バウゼンヴァイン 著 木崎伸也 訳

『FIFA 腐敗の全内幕』(文藝春秋)
アンドリュー・ジェニングス 著 木村博江 訳

『PK ~最も簡単なはずのゴールはなぜ決まらないのか?~』(カンゼン)
ベン・リトルトン 著 実川元子 訳

サッカー本を1点ご記入ください (必須)

【了】

Comments

comments

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top