クロップ監督、ベンテケのシミュレーション疑惑を否定「明らかにPKだった」

2016年03月07日(Mon)17時02分配信

photo Getty Images
Tags: , , , ,

20160307_Klopp_getty
握手を交わすクロップ監督(左)とベンテケ(右)【写真:Getty Images】

 リバプールを率いるユルゲン・クロップ監督が、PKのチャンスを得たベルギー代表FWクリスティアン・ベンテケのシミュレーション疑惑を否定した。6日に英メディア『ESPN FC』が報じている。

 現地時間6日にプレミアリーグ第29節が行われ、リバプールはクリスタル・パレスのホームに乗り込んで対戦。C・パレスに先制されたがその後追いつき、後半アディショナルタイムにPKによる得点で2-1の勝利をおさめている。

 この勝ち越し点となったPKの場面で、ベンテケはペナルティエリア内に侵入したところ相手選手にファールで止められていた。ただ、見方によってはシミュレーションにも見えるため、主審を欺く行為をしたのではないかと批判が相次いでいる。しかし、クロップ監督はシミュレーション疑惑をきっぱりと否定した。

「ベンテケは本当に一所懸命に働いてくれたよ。彼の最初のタッチは大きなチャンスだったし、あれは彼のPKだった。彼の動き出しは、ファールを余儀なくさせる状況を作り出したんだ。あれは明らかにPKだったし、彼は冷静にPKを決めてくれたね」

 リバプールはC・パレス戦に勝利し2連勝となった。相手に押し込まれる時間帯も多く、1人退場して数的不利になった状況で逆転勝利を飾れたことは、今後の試合にも良い影響を与えてくれそうだ。

【了】

Comments

comments

カンゼンからのお知らせ

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top