本田圭佑の強固な土台を築いた、星稜高校での3年間

2013年01月12日(Sat)10時45分配信

text by 安藤隆人 photo Kenzaburo Matsuoka
Tags:

「まだ入学前なのに、いきなり私のところに来て、自分の考えをはっきりと言ってきた。そんな子いなかったですからね。でも、プレーを見たらそれが口だけじゃないと分かる。四中工戦の後に『君、いいキック持っているね』と言ったら、『あれくらいはいつもできますよ』とさらっと言い返してきましたから。ちょっと生意気だは思いましたが(笑)、こういう選手もいいなと思いましたね。石川にはいないタイプですから」

 河崎の指導は上から押さえつけることなく、選手たちの自主性を尊重しながら、長所を伸ばしていくもの。そして何より、父親のような威厳を持ち、時には優しく時には厳しく接する人心掌握術に非常に長けている。筆者もまたその人柄に触れ、まだ肩書も何もなかった時代から、気にかけてもらい、今でも的確かつ愛情のあるアドバイスをもらえる存在だ。そんな河崎の下で、本田はすくすくと伸び、今のサッカープレーヤーとしての土台を築いていった。本田は当時をこう振り返る。

「あの頃は本当に燃えたぎっていた。絶対にプロにならないと大阪には帰れない。プロになるために、世界でプレーするためには、高校サッカーでナンバーワンの存在になることが絶対目標だったし、そのためには絶対に選手権に出ることしか考えていなかったから」

一時は浮いた存在に それを助けたチームメート

 これだけの決意を持って、星稜に入った彼に『異質さ』を感じるのは至極当然のことであった。高1の春の中日本スーパーリーグ。佇まいに幼さは残るが、目つきは明らかに他の選手と違う。ハイレベルな選手が揃う中でも、臆するどころか一番ギラギラと、殺気に似た雰囲気を醸し出していたのが本田だった。そして試合が始まると、堂々たるタメ口で周囲に指示を出し、強烈な左足のキックで名だたる先輩たちを動かしていく。

 衝撃だった。左足のキックの強さ、正確性はつい最近まで中学生だったとは思えない代物。何より強い口調で放つ指示が、一見生意気に見えるが、的確だったのだ。「こいつは一体何者なんだ!?」と、たちまち興味を奪われたことを、はっきりと覚えている。

 そして、情熱的に思うがままに突き動く本田に対し、同じように野心に燃える1人の同い年の選手にも、目を奪われた。橋本晃司。星稜卒業後、明治大学、名古屋グランパスと進み、現在は水戸ホーリーホックの10番を背負うストライカーだ。

「入学して初めて会ったときは、細いし、うるさいし、『何やこいつ』と思いましたよ(笑)。でも一緒に練習して、本当に上手いと思った。お互い基本的に負けず嫌いな性格で、サッカーのことや将来のことを真剣に考えていたので、サッカー話をすると、凄く楽しかった。『変な奴だけど面白いな』と興味が生まれて、すぐに仲良くなりましたね。俺と圭佑はかなり生意気だったと思いますよ(笑)」(橋本)

1 2 3 4 5

新着記事

↑top