注目のビッグマッチ、バイエルン対ユベントス。勝負のカギはサイドの攻防にあり ~CLベスト8の見所~

2日に行われるチャンピオンズリーグのベスト8、バイエルン対ユベントス。優勝候補のバイエルンにユベントスはどう挑むべきか。勝負のカギはサイドの攻防にありそうだ。

2013年04月02日(Tue)10時59分配信

text by 植田路生 photo Ryota Harada , Kazhito Yamada
Tags:

万全の状態のユベントス

注目のビッグマッチ、バイエルン対ユベントス。勝負のカギはサイドの攻防にあり
マンジュキッチを中心に好調を維持するバイエルン攻撃陣【写真:原田亮太】

 2日、チャンピオンズリーグのベスト8、バイエルン・ミュンヘン対ユベントスの一戦が行われる。1stレグはバイエルンのホームであるアリアンツ・アレーナ、一週間後の2ndレグはユベントスのホーム、ユベントス・スタジアムで行われる。

 バイエルンは絶好調だ。リーグ戦では残り7試合の時点で2位ドルトムントに勝ち点20の差をつけ優勝は確実。にもかかわらず、精神的な緩みはまったくない。アーセナルとの2ndレグ、勝ち抜けはしたが、ホームで0-2と敗戦したことがいい薬になっている。

 先日のハンブルガーSV戦では、ミュラーやリベリー、マンジュキッチらをベンチに置いた温存メンバーながらも9-2と大勝。手を抜くことなく相手を終始押し込み、ボールを奪われたらすぐに激しいプレスを全員でかける。コンディションも万全と言っていい。

 対するユベントスも状態は悪くない。ミニキャンプ開けの1月はコンディション不良もあり、勝ち点の落とす試合もあったが、徐々にパフォーマンスは戻ってきた。先日のアウェイのインテル戦も2-1と快勝。2位ナポリに9差をつけ、余裕のある状態でチャンピオンズリーグに臨める。

 昨季あと一歩で優勝を逃し、雪辱に燃えるバイエルン。八百長事件で凋落し、7年ぶりのCLベスト8となるユベントス。選手層、近年の成績を見ればバイエルンが有利だが、名門復活の狼煙を上げたいユベントスも期するものがあるのは確か。ここでは「イタリアの貴婦人」がどのように優勝候補に挑むべきか展望していきたい。

1 2

新着記事

↑top