レアルが“奇跡の逆転”を起こすために必要なこと

30日、チャンピオンズリーグのベスト4、レアル・マドリー対ボルシア・ドルトムントの2ndレグが行われる。初戦は4-1とドルトムントの大勝。逆転にはある種の奇跡が必要だが、マドリーにその望みはあるのだろうか。

2013年04月30日(Tue)16時06分配信

text by 植田路生 photo Kazhito Yamada / Kaz Photography
Tags:

最低でも3点が必要なマドリー

 30日、チャンピオンズリーグのベスト4、レアル・マドリー対ボルシア・ドルトムントの2ndレグが行われる。

 1stレグは4-1という思わぬ大差でドルトムントが制した。状況を整理しよう。マドリーがドルトムントを逆転するためのスコアだ。

 ドルトムントが0点に終わった場合:マドリーは3点差が必要(最低でも3-0が求められる)。

 ドルトムントが1点をとった場合:マドリーが4点だと延長戦に。5点以上だと逆転(90分間で最低でも4-1にしなくてはならない。なお、ドルトムントが1点の場合のみ延長戦の可能性がある)。

 ドルトムントが2点をとった場合:マドリーが5点だとアウェイゴール差で追いつけない。6-2であれば逆転できる。

 上記のように、マドリーの視点に立てば非常に厳しい状況だ。逆転の可能性があるとはいえ、サッカーにおいて3-0というスコアはそう簡単に出来るものではない。ましてや「最低でも3点」という強い意気込みが、空回りを生んでしまうことは十分に考えられる。

 1stレグを見る限り、ドルトムントの守備が崩壊するとは考えにくい。また、引いて守りに入ってもかなり強固だろう。ただ、2ndレグを少しでも楽しむためにも、わずかな可能性ではあるが、マドリーが“奇跡”を起こすプランを考察してみよう。

1 2

新着記事

↑top