【松田浩の超分析】日本代表の守備はなぜ崩壊したのか? チームを変えられる可能性を秘めた本田のボランチ起用

2013年07月11日(木)10時58分配信

text by 鈴木康浩 photo Kazhito Yamada / Kaz Photography
タグ:

センターバック育成が課題

――センターバックと言えば、今大会を踏まえてベテランのセンターバック待望論が再浮上しました。

「闘莉王はいいと思いますよ。彼を招集しない理由はわからないけれど、センターバックに必要なものを全部持っていますね」

――例えば失点したあとに沈み込みそうな時間帯、監督の言うクリティカルフェイズで周りを鼓舞できる選手、それをプレーで表現できる選手、そういうディフェンスリーダーがいないように思います。

「ボランチやセンターバックに“喧嘩ができる選手”がいるとチーム全体の守備がガラリと変わります。今野はいい選手ですけどボランチタイプという印象。ボールを運んだり縦に入れるパスだったり、攻撃のセンスは抜群のものがあります。

 そういう意味で、この1年間でどれだけセンターバックを育てられるかという点が課題になるのではないでしょうか。最後のところでデンと構えて抑えられる選手。やっぱりブラジルの2センターバックは鉄壁ですよね」

【了】

関連リンク

サッカー批評 ISSUE59

1 2 3 4

新着記事

↑top