アジア人選手にとって鬼門のスペインリーグ。17歳で一部デビューした韓国期待の新星は成功を掴めるか?

若干17歳の選手がリーガエスパニューラのピッチを踏んだ。その名はキム・ヨンギュ、韓国人選手だ。これまでスペインで成功した韓国人選手はなし。期待の新星は成功を掴むことが出来るのか?

2013年09月13日(Fri)11時29分配信

text by 呉承鎬
Tags:

アルメリアに所属。キム・ヨンギュとは?

 17歳の韓国人選手がリーガエスパニョーラのピッチを踏みしめた。アルメリアに所属するキム・ヨンギュだ。8月20日(日本時間)に行われたビジャレアルとの開幕戦、後半39分。2-2の緊迫した状況での投入は、彼に対する期待の表れのようにも映った。

『スポーツ韓国』は、「短い時間だったが、身軽な動きを見せ、一つのフリーキックを奪うなど、順調に開幕戦を消化した」と報じた。また『NAVER スポーツ』は、「韓国のイニエスタ」との見出しをつけ、プレシーズンマッチで見せていたキム・ヨンギュのプレーを「自分よりも背が二まわりほど大きな選手たちを相手に、安定したファーストタッチ、ノンストップパス、相手の虚をつくシュートなどで注目を集めた」と振り返っている。

 キム・ヨンギュが初めて注目されたのは、2009年にシンガポールで行われたU‐14アジア選手権だ。同大会の決勝戦で、1ゴール1アシストの活躍を見せ、韓国優勝の立役者となった。

 中学を卒業したキム・ヨンギュは同年スペインに渡り、2011年1月にアルメリアのユースチームと5年契約を結ぶ。その後、16歳のときにU-18チームで、17歳で2軍と言えるBチームでプレーし、去る8月20日に1部リーグ・デビューを果たしたのだった。

 若いアジア人選手ということで現地でも注目されているらしく、スペインのスポーツ専門紙『マルカ』は、キム・ヨンギュのインタビュー記事を掲載し、「爆発力とスピードを備えたMF」と紹介。168センチと小柄ながら、個人技とスピードを武器に、左サイドなどでの活躍が期待されている。

1 2 3

新着記事

↑top