呉承鎬

1982年、東京都出身。大韓サッカー協会公式サイト日本語版を編集・制作するピッチコミュニケーションズのスタッフライターとして、コリアンJリーガーや韓国サッカーなどを精力的に取材中。

「“21歳以下”の日本にてんてこ舞い」。韓国、日韓戦勝利も地元メディアは厳しい評価「もどかしい試合内容」

「“21歳以下”の日本にてんてこ舞い」。韓国、日韓戦勝利も地元メディアは厳しい評価「もどかしい試合内容」

アジア大会準々決勝の日韓戦。試合を制した開催国・韓国だが、地元メディアは厳しい評価を下している。オーバーエイジの選手を起用した韓国は、21歳以下で構成された日本の守備力に苦戦を強いられた。

20140928_pak_getty

「ありがたい」「ラッキー」「生贄に過ぎない」。日韓戦を前に韓国メディアは圧倒的有利の論調。選手には大きな重圧も

韓国・仁川アジア大会に臨んでいるU-21日本代表は、準々決勝で韓国と対戦する。この“宿敵”との対戦を開催国・韓国のメディアも大きく取り上げているが、“韓国有利”の論調が目立つ。

“間接日韓戦”で大盛況だった韓国。メディアは「完勝」と大きく報道、自国を称賛し日本へは厳しい指摘

“間接日韓戦”で大盛況だった韓国。メディアは「完勝」と大きく報道、自国を称賛し日本へは厳しい指摘

奇しくも日本と同じウルグアイ、ベネズエラと対戦した韓国代表。現地では“間接日韓戦”と日本には見られない盛り上がりを見せた。実際に対戦していないのに「完勝」と報じ、日本・韓国、双方の試合を詳細に分析していた。

金銭問題? スポンサーの“嫌韓”? 韓国でも大きな衝撃を与えた鳥栖のユン前監督解任劇。決別の真相は未だ謎のまま

金銭問題? スポンサーの“嫌韓”? 韓国でも大きな衝撃を与えた鳥栖のユン前監督解任劇。決別の真相は未だ謎のまま

J1で首位に立つなど、結果を残しながらシーズン途中に解任したサガン鳥栖のユン・ジョンファン前監督。この事態は、ユン前監督の母国・韓国でも大きく報道されている。果たして、この人事の真相はどこにあるのだろうか?

20140628_pak

韓国メディアがW杯を総括。「“サッカー強国”の幻想に取り憑かれていた」。監督評価も手の平返し「人事の惨事」

グループリーグ敗退を受け、韓国メディアが自国代表を総括した。当然のことながら厳しい論調が並んだ。結果を出せなかったパク・チュヨンへの批判は多くあり、彼を起用したホン・ミョンボ監督も非難されている。

韓国メディアが日本を酷評。「ベスト4目標という虚言」「寿司タカ」「時代遅れのパスサッカー」「中身がない」

韓国メディアが日本を酷評。「寿司タカ」「時代遅れ」「中身がない」

コロンビアに敗れ、グループリーグで敗退したザックジャパン。お隣・韓国のメディアはこの結果に酷評した。やり玉にあがったのは志向していたパスサッカーだ。「時代遅れ」と厳しい指摘だ。

20140622_zak

韓国メディアが見た日本。「本当にパスだけ多かった」と酷評。香川にも厳しい評価「挑戦は失敗し、パロディに終った」

日本対ギリシャをお隣・韓国はどう見たのか? 他国と同様、厳しい評価が並んだ。特に香川真司については「ドログバになれなかった」と独特の表現で酷評した。

韓国メディアが見た日本。長谷部交代のザック采配を批判。「日本の毒。シュート0でまるで孤島」と香川も酷評

韓国メディアが見た日本。長谷部交代のザック采配を批判。「日本の毒。シュート0でまるで孤島」と香川も酷評

コートジボワールに敗れた日本。お隣・韓国はこの試合をどう見たのか? 守備のバランスが崩れたこと、それを招いたザッケローニ監督の采配を批判。また活躍できなかった香川真司も酷評された。

「W杯史上最悪」「勝ち点の自販機になる」。ガーナ戦惨敗で地元メディアはこぞって非難。本大会目前に絶望しか見えない韓国

「W杯史上最悪」「勝ち点の自販機になる」。ガーナ戦惨敗で地元メディアはこぞって非難。本大会目前に絶望しか見えない韓国

ガーナとの親善試合で0-4と惨敗を喫した韓国代表。地元メディアはこぞって非難し、W杯本大会を前に絶望しか見えてこないという。グループHでは、ロシア、アルジェリア、ベルギーと対戦するが、突破への希望はあるのだろうか。

20140517_myon_getty

自国記者が見た韓国代表の今。Jリーガー出場は明言もベスト16には否定的「楽観的に考えても可能性高いのは0-0」

先日、ブラジルW杯に挑む韓国代表の23人が発表された。メンバーはサプライズなしで、大方の予想通りだったという。Jリーガーも選ばれたこの23人を自国記者は一定の評価をするが、ベスト16は厳しいと見ている。その理由は何か?

5年連続決勝進出。ACLで韓国勢がJクラブよりも結果を出せる理由

ACLにおいて安定した強さを維持しているKリーグ勢。5年連続で決勝進出し、3チームが優勝を果たしている。08年のガンバ大阪以来、Jリーグ勢が苦戦している大会で結果を出し続けている理由を韓国人記者に聞いた。

久々復帰のパク・チュヨンが好調アピールも守備では大きな課題。W杯へ向け韓国代表の模索は続く

久々復帰のパク・チュヨンが好調アピールも守備では大きな課題。W杯へ向け韓国代表の模索は続く

先日、ギリシャに快勝した韓国代表。FWには13ヶ月ぶりに復帰したパク・チュヨンが入り、先制点をマークするなど結果を残した。守備に不安を抱えながらも、ある程度チームの形が見えたことで、勢いはついた。

韓国人記者が分析するギリシャの弱点「守備陣は遅い、スピードはカギになる。日本なら勝てる」

韓国人記者が分析するギリシャの弱点「守備陣は遅い、スピードはカギになる。日本なら勝てる」

日本がW杯で対戦するギリシャ。この国と韓国が親善試合で5日、対戦した。結果は敵地に乗り込んだ韓国が2-0の勝利。どこに勝機があり、そしてギリシャの弱点はどこにあるのか? 韓国人記者が分析する。

FIFAランク61位まで下落、不調の韓国代表だが――。なぜ現地で悲観論が出ないのか?

FIFAランク61位まで下落、不調の韓国代表だが――。なぜ現地で悲観論が出ないのか?

韓国代表が不調に陥っている。先の親善試合でも1勝2敗。FIFAランクも61位にまで下降した。それでも現地であまり悲観論は出ていない。その理由はどこにあるのか?

ホン監督が熱望する復帰。韓国人記者に聞く、パク・チソンが代表に必要な理由とその可能性

ホン監督が熱望する復帰。韓国人記者に聞く、パク・チソンが代表に必要な理由とその可能性

長く韓国代表の中心だったパク・チソン。かつてはマンチェスター・ユナイテッドで活躍し、ネームバリューのある選手だったが、現在は代表を引退している。ところが、ここにきて代表復帰の噂が出ている。ホン・ミョンボ監督が復帰を望んでいるというのだ。果たしてその可能性はあるのか?

新着記事

↑top