リッピ監督のクレーム、「準優勝」表示への非難。ACL決勝、中韓での軋轢は本当にあったのか?

中国の広州恒大と韓国のFCソウルとで行われたACL決勝は、広州が接戦を制し優勝した。だが、試合前にはリッピ監督の発言が話題となり、また試合後にも軋轢があったのではないか、との報道があった。果たしてその真相は?

2013年11月12日(Tue)19時04分配信

text by 呉承鎬
Tags: , , ,

拮抗した戦いを制した広州恒大

 アジアのクラブチームの頂点が決まった。11月10日、広州恒大とFCソウルによるAFCアジアチャンピオンズリーグ(ACL)決勝戦セカンドレグが中国で行われ、試合は1-1のドロー。決勝戦2試合の合計スコアは3-3の引き分けだったが、アウェーゴール数の差で、広州恒大がACL初制覇を飾った。

 昨年Kリーグを制し、今年はACL制覇をと目論んでいたFCソウルだったが、あと一歩のところで涙を飲む結果となった。中国での現地取材を終えたばかりの、サッカー専門サイト『FOOTBALLIST』のリュ・チョン記者は、今回の決勝戦をこう分析する。

「どちらが優勝してもおかしくなかったが、選手層の厚さが試合の結果につながったのではないでしょうか。広州恒大は国内選手たちも活躍していましたし、FCソウルのハ・デソン選手も“予想した以上に広州恒大は強かった”と話していました。

 また、今回の結果は広州恒大の“作戦勝ち”だったともいえるかもしれません。10月26日に行われたファーストレグのアウェー戦でも守りに徹することなく、とにかく得点するというスタイルだった。それが功を奏し、アウェーゴール数の差で優勝を手にすることができたのですから」

 実力は伯仲だったが、広州恒大が一枚上手だったというわけだ。そんな広州恒大を率いたのは、名将マルチェロ・リッピ監督。ただ、今回のACL決勝戦においてリッピ監督が注目されたのは、試合前の“発言”であったといえる。

1 2 3

新着記事

↑top