ACL

浦和レッズ

【英国人の視点】大いに賞賛に値する浦和の強さ。ACL制覇の栄光、新たな歴史の刻印

25日に行われたAFCチャンピオンズリーグ決勝戦でアル・ヒラルを2戦合計2-1で下した浦和レッズが10年ぶりにアジア王者に輝いた。今大会ではホーム戦負けなし、対戦した相手にはすべて勝利を収めるという申し分ない成績を残した浦和。そこには確かな成長があり、極めて重要な試合でチーム力の高さが見られた。(取材・文:ショーン・キャロル)

トロフィーを掲げる浦和レッズの阿部勇樹

ACL制覇の浦和、阿部勇樹が流した涙。悪い時こそ先頭に立つ独自の主将像

浦和レッズが10年ぶり2度目の、日本勢としては2008シーズンのガンバ大阪以来となるアジア王者を獲得した。満員の埼玉スタジアムで行われた、25日のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)決勝第2戦。後半終了間際に決まった、0‐0の均衡を破るFWラファエル・シルバのゴールを守り切り、2戦合計で2‐1のスコアでアル・ヒラル(サウジアラビア)との死闘を制した直後に、キャプテンのDF阿部勇樹(36)が図らずも流した涙の意味を探った。(取材・文:藤江直人)

新着記事

人気記事ランキング

        FChan TV

        ↑top