サウサンプトン復帰も厳しい状況。李忠成への“2つの向かい風”とは何か?

今夏、FC東京からサウサンプトンへ復帰した李忠成。しかし、試合出場のためには厳しい状況だ。李がまず克服すべき点とは何か?

2013年09月14日(Sat)10時05分配信

text by 内藤秀明 photo Asuka Kudo / Football Channel
Tags:

激化したFWのレギュラー争い

20130914_lee_kudo
FC東京からサウサンプトンに復帰した李忠成【写真:工藤明日香】

 今シーズンのサウサンプトン公式HP選手一覧に、李忠成は再び名を連ねた。昨シーズン後半は、出場機会を求めてFC東京に期限付きで移籍していたが、サウサンプトンに復帰。ここで戦っていくことを改めて自身の公式HPでも表明している。

 正直に言うと、李のサウサンプトンにおける状況はかなり難しい。サウサンプトンのエースであり、31歳にしてイングランド代表初招集、初出場のファーストタッチでゴールを記録して、遅れてやってきた春を謳歌している時の人リッキー・ランバートは好調を持続。

 さらに今夏、イタリア代表FWパブロ・オスヴァルドという大物が加入し、昨季はレギュラーだったジェイ・ロドリゲスからランバートの相方の地位を奪い取った。こうして昨季よりサウサンプトンにおけるFWのレギュラー争いは激化している。

 この陣容の時点で既に、厳しさがうかがえるとは思うが、さらに李にとって向い風なのが、今季サウサンプトンが志向しているサッカーのスタイルだ。

1 2 3 4

新着記事

↑top