惨敗だったが――。過密日程を「宿命」と言い切る高い志。柏がACLで得た大きな収穫

2013年10月04日(Fri)13時18分配信

text by 鈴木潤 photo Kenzaburo Matsuoka
Tags:

「過密日程は僕たちが望んでいたこと。強いチームの宿命ですから」大谷

 国内ではJリーグのライバルたちとしのぎを削り合いつつも、ACLに出場し、アジアの舞台で違う文化、スタイルを持つチームと対峙していくことで、選手たちは飛躍的に成長していく。これはクラブレベルだけではなく、Jリーグ全体のレベル向上にもつながる。

 ACLへの出場は過密日程を強いられることにもなり、中2日、中3日でアジアの国々を往来し、国内外で力のあるチームと戦っていくのはコンディション的にも厳しい。ACLとJリーグとの両立は極めて困難だ。

 出場し、勝ち抜いていけば今季のようにスケジュールに関する問題も必ず出てくるだろうし、他のアジアの対戦相手がリーグ側の考慮によって国内リーグの日程を変更する中、Jリーグではその変更が行えないとなれば、アジアを戦う立場では不平や不満を感じる部分はある。それでも柏はACLを“罰ゲーム”と捉えてはいない。事実、大谷秀和はこう言う。

「過密日程は僕たちが望んでいたこと。強いチームの宿命ですから」

 現在、柏はリーグでは中位と、来季のACL出場権を獲得するには厳しい順位にいる。だが、またあの舞台に帰り、今年の経験を生かすためにも、全力で天皇杯を取りに行くだろう。

【了】

関連リンク

惨敗続くACL。勝利のためにJクラブは“弱者”であることを認めよ
広州戦で突きつけられたJリーグの現実。ACL制覇のための“日程変更”は本当に正しいのか?
柏がACLで敗退。奈良劇場総支配人がJリーグに一言モノ申す

1 2 3 4

Recommended by

Comments

comments

新着記事

人気記事ランキング

        FChan TV

        ↑top