“マイアミの奇跡”よりも熱かった! “ドーハの悲劇”の教訓が活かされたアトランタ五輪予選・サウジアラビア代表戦

2013年10月11日(Fri)17時00分配信

text by 編集部
Tags: , , ,

執念の末に掴んだオリンピックの出場切符

 そこから試合終了までの時間帯、「苦しいことしか覚えていないです。3点目を取りにいくというプランはなかったです」と前園が明かしたように、日本が選択したのはとにかく時計の針を進めることだった。

「ボールを拾いにいくときもわざとディフェンダーに指示をしながら、時間を稼いだり…」と川口が明かせば、前園もCKのチャンスでキックモーションに入ってから芝に足を取られて転倒するなどとにかく時間を稼いだ。試合の最終盤にはチームメートに向かって必死に鼓舞し続ける前園の姿があった。

「あんなシーン、初めて見ましたね。それまでゾノさんが、試合中に声で鼓舞する姿はあまり見たことなかった」(川口)

「あれほど執着している前園はいなかった。DFに対する意識、全体に対する意識。今までにないゾノがそこにいたと思います」(西野監督)。

 そしてようやく掴み取ったオリンピックの出場切符。彼らはあのサウジアラビア戦の勝利をこう噛み締める。

「決めたという喜びの後に、安堵感ですね」(前園)

「選手達も本当にタフに、こういうメンバーを選んで、こういうスタッフで勝ち抜けて、やっと出れるんだという思いですね」(西野監督)

「達成感もあるし満足感もすごくある。本当に凄いゲームでした」(山本昌邦コーチ)

「間違いなくベストゲーム。自分にとって最高のベストゲーム」(川口)

 そして番組のラスト。

 前園真聖は、あの試合の意味をこう位置づけていた。

「いろんな先輩たちがワールドカップやオリンピックに挑戦して夢が破れて夢がまだ先だなという中で、自分たちはそのチャンスを自分たちでものにしないといけないと思っていた。

 今では当たり前にワールドカップやオリンピックに出ていますが、その礎になっていったらいいのかなと思います」

【了】

関連リンク

戦う気持ちを注入。監督になっても熱いラモス瑠偉(前編)
「誰と組んでもしっかりできる」。新コンビへ自信を見せる長谷部。キャプテンとして代表を牽引できるか?
日本人なら日本酒を飲み続けろ! 元日本代表監督・オシムの言葉
本田圭佑の弱点=代表の欠点。ザックジャパン躍進のカギを握る苦手“右足”の克服
ヒーローたちの名勝負

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでつぶやく

1 2

新着記事

FChan TV

↑top