鹿島のゴールマウスを守り続ける不動の守護神・曽ヶ端が達成したすさまじい記録とは?

J1第28節FC東京戦で鹿島アントラーズの曽ヶ端準がJ1リーグ戦通算400試合出場を達成した。J1通算400試合出場達成は、史上11人目。GKというポジションでは、名古屋グランパスの楢崎正剛、ジュビロ磐田の川口能活に次ぐ3人目の快挙となった。

2013年10月15日(Tue)15時00分配信

text by 編集部 photo Kenzaburo Matsuoka
Tags: ,

鹿島のゴールマウスを守り続ける不動の守護神・曽ヶ端が達成したすさまじい記録とは?
鹿島アントラーズの守護神・曽ヶ端準【写真:松岡健三郎】

 J1第28節FC東京戦で鹿島アントラーズの曽ヶ端準がJ1リーグ戦通算400試合出場を達成した。J1通算400試合出場達成は、史上11人目。GKというポジションでは、名古屋グランパスの楢崎正剛、ジュビロ磐田の川口能活に次ぐ3人目の快挙となった。

 1999年にプロデビューを果たした曽ヶ端は、鹿島のゴールマウスを守り続ける不動の守護神だ。リーグ戦連続出場記録も07年第29節ジュビロ磐田戦から継続しており、この試合で204試合に達した。鹿島に置ける彼が、いかに圧倒的な信頼を得ている存在なのかわかるだろう。

 なおJ1歴代出場数ランキングのトップは、名古屋の楢﨑正剛で、530試合。2位は伊東輝悦(甲府)の515試合。3位の山田暢久(浦和)は499試合と500試合出場にリーチがかかっている。4位は明神智和(G大阪)の460試合、5位に山口智(千葉)が448試合と続くが、この2人は現在J2リーグで戦っているため、J1出場試合数は伸ばせていない。

 J1通算400試合出場となった曽ヶ端は、現在J1出場試合記録の11位。10位は、現在セレッソ大阪に在籍する新井場徹の「413」となっている。

 現在34歳。曽ヶ端の出場数はまだまだ伸びていきそうだ。

【了】

関連リンク

強さを取り戻した鹿島。トニーニョ・セレーゾは常勝軍団に何をもたらしたのか?
日本の名GM鈴木満が語る『鹿島の流儀』
内田篤人を“発掘”したアウトゥオリ。鹿島との邂逅で何を見たのか?
鹿島アントラーズとの幸福な関係

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでつぶやく

新着記事

↑top