低迷するチーム、守備的な戦いへの歯痒さ。ボーフムで奮闘する田坂祐介の現在地

ブンデスリーガ2部に位置するボーフム。日本人選手、田坂祐介が所属している。チームはなかなか勝ち星に恵まれず、苦戦が続いている。そうした状況に田坂ももどかしさを感じている。奮闘する田坂の現在地に迫った。

2013年11月05日(Tue)12時06分配信

text by 本田千尋 photo Ryota Harada
Tags: , ,

苦戦が続いているボーフム

 チームの状況は、あまり芳しくないようだ。

低迷するチーム、守備的な戦いへの歯痒さ。ボーフムで奮闘する田坂祐介の現在地
Vflボームフに所属の田坂祐介【写真:原田亮太】

「僕的には、もう最悪の試合内容ですけどね」試合のあと、田坂祐介が言う。ほんの一瞬、怒気が顔を覗かせた。

 田坂の所属するVfLボーフムは、ブンデスリーガ2部13-14シーズンの第11節を終えた時点で、順位を16位につけていた。2部も1部と同様、シーズン終了時に17、18位は3部に自動降格となる。16位は昇降格プレイオフに臨む。目下対戦成績は3勝2分6敗で、第8節のVfRアーレン戦から4連敗中だった。

 これ以上の連敗は避けたい。その一戦をボーフムは、ホームで迎えることとなった。相手は、昨シーズンを3位で終え、昇降格プレイオフで1部のホッフェンハイムと死闘を演じ、11節終了時に4位と上位につける、カイザースラウテルンだった。

 10月28日20時15分、秋風が吹く月曜日の夜、照明に灯がともるレヴィアパワー・シュタディオンの7割は青と白のボーフム側だったが、より気勢を上げていたのは、カイザースラウテルン側が占める深紅の一角だった。

 そのままの勢いで、序盤、カイザースラウテルンの攻勢が続いていく。CFのモハマドゥ・イドリスを中心に、ボーフムのゴールを幾度も脅かした。5分、エリア内でガウスが落とす。イドリスがシュートを放つ。枠の上に逸れる。

 7分、右サイドからマトムールがクロスを入れる。イドリスが飛ぶ。わずかに合わず。11分、マトムールがドリブルで切れ込み、シュートを放つ。ポストが弾く。弾かれたボールは、田坂が、かろうじてクリアした。

1 2 3 4

新着記事

↑top