怪我人続出、苦戦が続くシャルケ。CLチェルシーに敗戦も、高水準のプレーを発揮した内田篤人

チャンピオンズリーグ第4節、アウェーのチェルシー戦に臨んだシャルケ。怪我人続出の中、奮闘するも0-3で敗れた。内田篤人は先発フル出場。敗れた中でも高い判断力で自分の力を発揮した。

2013年11月07日(Thu)11時32分配信

text by 本田千尋 photo Ryota Harada
Tags: , , , ,

戦力整わぬシャルケ

 今は、大地の中に根を張っているときなのかもしれない。

 3つのゲームの中で、印象に残っている試合はありますか、と内田篤人に問うてみる。自身もゴールを決めたステアウア戦か、チーム一丸となって戦い抜いたバーゼル戦か、それとも、相手の試合巧者ぶりにしてやられてしまったチェルシー戦、だろうか。

怪我人続出、苦戦が続くシャルケ。CLチェルシーに敗戦も、高水準のプレーを発揮した内田篤人
内田篤人は先発フル出場【写真:原田亮太】

 欧州チャンピオンズリーグ13-14シーズンのグループリーグは、早くも半分の試合数を消化した。グループEに入った内田の所属するFCシャルケ04は、ここまでの対戦成績を2勝1敗としている。首位のチェルシーとは勝ち点の上では同じ6ポイントで並ぶものの、得失点差の関係で同グループの2位に付けている、といった状況だ。

 怪我人が多く、なかなか戦力の整わないシャルケは、今シーズンこれまでCLに限らず幾度も苦しい戦いを乗り越えてきていた。10月に入ってからの試合で言うと、耐えて勝ち抜いた1日バーゼル戦で、ファルファンが負傷交代してしまう。

 5日のアウクスブルク戦は4-1で快勝するものの、後半のアディショナルタイムに相手を突き放した19日ブラウンシュバイク戦では、マルコ・ヘーガーも戦列を離れてしまった。そしてホームでの22日チェルシー戦、26日ドルトムント戦と連敗を喫してしまう。

 しかしこうしたチーム状況が、前線で戦う選手たちにかえって奮起を促しているところもあるのかもしれない。今ここにはいない誰かのために闘うのもまたサッカーだ。11月2日、直近のリーグ戦で苦闘の末に対ヘルタ・ベルリン戦をモノにして、シャルケ、そして内田はCLグループE第4節チェルシーとのアウェーゲームに臨むこととなった。

【次ページ】高水準だった内田

1 2 3

新着記事

↑top