“熱い漢”松本育夫監督も古巣の京都戦で見納め。そして、伝説へ…

これで松本育夫伝説も見納めだ。41節千葉戦で1-1のドローに終わった栃木は、6位徳島が引き分けたことにより、今季の昇格の可能性が消滅した。

2013年11月20日(Wed)8時00分配信

text by 編集部 photo Kenzaburo Matsuoka
Tags: , , ,

“熱い漢”松本育夫監督も古巣の京都戦で見納め。そして、伝説へ…
松本育夫伝説も見納め【写真:松岡健三郎】

 これで松本育夫伝説も見納めだ。

 41節千葉戦で1-1のドローに終わった栃木は、6位徳島が引き分けたことにより、今季の昇格の可能性が消滅した。

 残り10試合となった時点で栃木の監督を引き受けた自他ともに認める「お助けマン」松本育夫監督は、9試合で6勝1敗2分という驚異的なV字回復をチームにもたらしたが、シーズン終了と同時に退陣することが濃厚となった。周囲には今季限りの退任を示唆している。

 だが、昇格の可能性はなくなれども、松本育夫監督の戦う姿勢だけは消えていない。

 勝利が絶対条件だった千葉戦。フクアリの完全アウェーの状況下で栃木は先制を許してしまう。だが、後半にチームは息を吹き返して、チームトップスコアラーのサビアが同点ゴールをたたき込む。勝ち越しゴールはならなかったが、持てるすべてを出して見せた。

 試合後の記者会見で松本育夫監督は「今日、終わってすぐロッカールームで選手に話したのは、今日の後半のゲームをこれから京都戦でやるぞと」(J’sGoal)と胸を張るように言い放った。

 昇格の可能性が潰えても戦う姿勢だけは崩さない――それがプロの仕事。お客さんの期待に全力で応えることこそがプロの仕事なのだと、常々、選手たちに説いてきた。その姿勢を京都のサッカーファンの前でも披露する。

 京都といえば、松本育夫監督の古巣。かつて96年から99年にゼネラルマネージャーに就任しては、当時監督だったハンス・オフトとやり合った過去がある。剛腕、松本育夫らしく、あのオフトと喧々諤々やり合ったのである。

 そんな数々の伝説を生んできた松本育夫監督にとって、京都戦はおらそく生涯最後の監督姿となるだろう。京都はプレーオフ進出が3位で出場することが確定し、最終節の勝敗には何も左右されない。一方の栃木もプレーオフ進出の可能性が途絶えてしまった。つまりは、消化ゲーム。

 だが、緩んだ試合など松本育夫が許さない。消化ゲームを消化ゲームに終わらせてはお客さんの期待には応えられない。最終節で何かを起こすべく、伝説の男・松本育夫が京都に乗り込む。

 そのラストダンスを、熱き魂を、絶対に見逃すな。

【了】

関連リンク

2束わらじの松本育夫監督。集客でも記録を残せるか?
お客さんの期待に応えるのが男の仕事! 松本育夫監督就任後、負けなし!!
なんと71歳!! 松本育夫監督は「生きる伝説」となれるか?
栃木SC公式サイト

[block]6[/block]
定価1,680 円

人の心に火をつける どんな環境でも「人」を伸ばし、結果を出すチームマネジメント
第1章 人の心に火をつける10の鉄則
第2章 人を伸ばす11の鉄則
第3章 結果を出す組織を作る14の鉄則
第4章 人と組織を動かすリーダーになる12の鉄則
第5章 サッカー温故知新

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでつぶやく

新着記事

↑top