「ゴールが決まることを確信していた」
「ゴールが決まることを確信していた」【写真:goal.com】

19日に行われた国際親善試合で、ドイツ代表はアウェーでイングランド代表に1-0の勝利を収めた。この試合で決勝ゴールを挙げたDFペア・メルテザッカーは、得点シーンを振り返っている。

ドイツは39分にCKからメルテザッカーが先制ゴールを挙げると、最後までイングランドにゴールを許さず完封勝利を飾った。

試合後メルテザッカーは、ドイツ『ARD』で次のように述べている。

「相手選手の(クリス・)スモーリングのマークを二度外せたのが鍵だった。彼は体を寄せてきたが、僕はうまくジャンプできた。その二度目のチャンスでは、ゴールが決まることを確信していたよ」

敵地でのイングランド戦で勝利を挙げるも、来年行われるワールドカップ(W杯)に向けて気を引き締めている。

「ドイツには良いパフォーマンスを見せる数多くの選手がいる。(W杯の本番では)誰がプレーすることになるか、監督にとっても非常に興味深いだろうね。多くの選手が代表でプレーする可能性がある。それは特別な状況だよ」

「僕らがベストコンディションに持っていく必要があるのは来年の夏だよ。今日の試合は練習試合にすぎないんだ」

Goal.com

新着記事

↑top