2013年J2 全試合出場が達成目前の選手

J2は週末にリーグ戦の最終節が行われる。残り1試合を前に、これまでの全41試合に出場している14人の選手を下の表にまとめてみた。

2013年11月22日(Fri)15時08分配信

text by Football LAB
Tags: , , , , , , , , , , ,

2013年J2 全試合出場が達成目前の選手
2013年J2第41節時点での出場記録

 J2は週末にリーグ戦の最終節が行われる。

 残り1試合を前に、これまでの全41試合に出場している14人の選手を下の表にまとめてみた。

全試合にフルタイムで出場している選手は7人(90分×41試合=3690分)。

 フルタイムで出場しているGK5人の中で、最も失点が少ないのは京都のオスンフンで44失点。千葉の岡本昌弘は、今季のJ2最多となるシュートセーブ数138回を記録。岡本も47失点と少ないため、相手にシュートを撃たれながらもGKのセーブによって失点を防いでいたのが今季の千葉だったと言える。逆に京都は被シュート数自体が最も少ないチームなので、GKのセーブ数も89回と少ない回数になっている。

 東京Vの佐藤優也は、掲載している14人の中で唯一警告を1回も受けていない選手である。

 フィールドプレーヤーでフルタイム出場を続けているのが、G大阪の左サイドバックの藤春廣輝と松本のセンターバックの飯田真輝。

藤春はリーグトップのクロス成功率やチーム内3位となる7アシストを記録。1タッチでのクロスが多いのも特徴だ。

 飯田は残念ながら41節の試合で累積4枚目となる警告を受けたため、最終節は出場停止。全試合にフルタイムで出場するには、パフォーマンスを維持することの他にカードを貰わないことも必要となる。

1 2

Comments

comments

新着記事

FChan TV

↑top