負傷者続出のドルトムントに油断しないミュラー&ロッベン

2013年11月22日(Fri)19時54分配信


Tags: , , , ,

「それで差が生じることはない」
「それで差が生じることはない」【写真:goal.com】

バイエルン・ミュンヘンは23日に行われる敵地シグナル・イドゥナ・パークでのボルシア・ドルトムント戦に臨む。バイエルンの会見に出席したMFトーマス・ミュラーとFWアリエン・ロッベンが報道陣の質問に受け答えした。

ドルトムントとの大一番は、MFフランク・リベリを負傷で欠いて戦うことになるが、ミュラーは「一人の選手が離脱しても、非常に良いメンバーがそろっているので、強いチームでピッチに立つことができるよ」と心配していない様子をうかがわせている。

むしろ、ドルトムントの方が選手の負傷に悩まされているとミュラーはコメントした。

「短期的に見れば、ドルトムントの方が大きな打撃を受けているね。だから彼らが控えめなことを言っているのも当然だ。僕たちも今年は多くの負傷の問題を抱えてきたけど、選手層が厚いので目立たなかっただけだよ。でも、ドルトムントの守備ラインに誰がいようと、確かなのは彼らが死ぬ気でプレーすることだ」

ロッベンも、ドルトムントの負傷者の状況で必ずしも自分たちが有利になったとは考えていない様子だ。

「(負傷者は)こういう試合で一番重要なことではないよ。ドルトムントは数人を欠いているけど、それで差が生まれることはないと思う。最終的にピッチに立つ22人は、みんな良い選手だよ」

Goal.com

新着記事

FChan TV

↑top