母国の誇りはどこへ? W杯抽選会で“強運”を願うイングランド代表の現状

2013年11月23日(Sat)13時28分配信

text by 山中忍 photo Kazhito Yamada / Kaz Photography
Tags: , ,

不安過ぎる守備陣

20131123_gera
イングランド代表・キャプテンのジェラード【写真:Kazhito Yamada / Kaz Photography】

 再建中のイングランドは、世代交代と共に、ボール支配率を高めて勝つスタイルの確立も目標にしている。だが、問題の「ポゼッション下手」が、一朝一夕に改善されるはずもない。

 不用意なロストボールは、ドイツ戦でも、前半のアシュリー・コールや後半のジェラードなど、国産では貴重な「ワールドクラス」のベテラン勢にも見られた。後方からは、足下でこそ生きるダニエル・スタリッジが1トップでも、ジョー・ハートのゴールキックを含め、効率の悪いロングボールが蹴り出された。

 結果として、ボールを素早く運んで敵を脅かす手段は、タウンゼンドのカットインや、ロス・バークリーの中央突破など、新世代の個人技に限定されてしまう。

 しかし、この両名にしても、プレミアリーグでは、それぞれトッテナムとエバートンのレギュラー1年生であり、代表で頼れるレベルにはない。予選では10試合で31得点のイングランドだが、うち22点は、モルドバとサンマリノの両弱小国から荒稼ぎしたものだ。

 同じく、予選での4失点を堅守の証と鵜呑みにしてはいけない。リオ・ファーディナンドとジョン・テリーが、世界最高のCBコンビとまで言われたのは数年前。代表引退を決めた両30代の後釜は、フィル・ジャギエルカとガリー・ケイヒルだが、最終ラインの統率力が先代コンビに及ばない。

1 2 3

新着記事

↑top