後半のできに満足のグアルディオラ

2013年11月24日(Sun)8時49分配信


Tags: , ,

ドルトムント相手に敵地で3ー0
ドルトムント相手に敵地で3ー0【写真:goal.com】

23日に行われたブンデスリーガ第13節でバイエルン・ミュンヘンは敵地でボルシア・ドルトムントと対戦し、3ー0の勝利を飾った。ジョゼップ・グアルディオラ監督は、強敵撃破に満足の様子だ。

グアルディオラ監督は試合後、ドイツ『スカイ』で次のように話している。

「今日の相手は、世界最高のカウンターを持つチームだった。ヤクブ・ブワシュチコフスキ、マルコ・ロイス、ヘンリク・ムヒタリャンらを自由に走らせていたら、止めることはできなかっただろう」

「最初の15分は、我々の方が良かったと思う。しかし、そのからハーフタイムまでのプレーには満足していない。中盤に問題があったね。後半の方がうまくいったよ」

グアルディオラ監督の交代策が的中し、66分のマリオ・ゲッツェのゴールから3点が決まっている。

「ゲッツェとチアゴを投入して後、試合をよりうまくコントロールできた。マリオには、たくさんボールを触るように指示したよ」

なお、古巣相手に決定的な働きを見せたゲッツェは、メディアに対応せずにミックスゾーンを通過し、ドルトムントのドレッシングルームに向かったそうだ。

Goal.com

新着記事

↑top