「キャプテンとして誇りに思う」
「キャプテンとして誇りに思う」【写真:goal.com】

リヴァプールでキャプテンを務めるMFスティーブン・ジェラードは、23日に行われたプレミアリーグ第12節のエヴァートン戦で先発フル出場を果たしたDFジョン・フラナガンを称賛している。

同点ゴールを挙げチームを救ったFWダニエル・スタリッジに注目が集まっているが、ジェラードは、フラナガンの活躍に衝撃を受けたようだ。

ジェラードのコメントを、イギリス複数のメディアは、以下のように伝えている。

「僕にとってのMVPはフラナガンだったね。あまり多くの出場機会を得ていないけど、キャプテンとして彼を誇りに思うよ。信じられないようなプレーを見せていたね。ベンチに入るために彼は練習でハードワークをしている。決してスタメンにこだわっているわけではないんだ」

「(ケビン・)ミララスのようなトップクラスの選手と対峙するポジションで起用されたことはセンセーショナルだと思う。何年もダービーを見てきたけど、今回の(彼の)パフォーマンスはベストの中の一つだったよ」

Goal.com

新着記事

↑top