ミララス:「スアレスへのタックルは…」

2013年11月25日(Mon)22時41分配信


Tags: , , , , ,

退場を覚悟したと認める
退場を覚悟したと認める【写真:goal.com】

エヴァートンFWケビン・ミララスは、先週末のリーグ戦でリヴァプールFWルイス・スアレスに浴びせたタックルが退場処分に値したと認めている。

エヴァートンは、23日に行われたプレミアリーグ第12節で、リヴァプールと対戦。マージーサイドダービーは白熱の展開を見せ、89分にリヴァプールFWダニエル・スタリッジがゴールを奪って3-3のドローに終わっている。

この試合、物議を醸したのが34分のミララスのプレーだ。ミララスがL・スアレスにタックルした際、勢い余ってL・スアレスのひざ裏に足の裏を突き刺してしまった。ミララス自身、あのプレーではレッドカードを覚悟したことを明かしている。

「ときには、ああいったタックルをしてしまうものだ。でも、あのチャレンジをしたときに最初に思ったのは、レッドカードを提示されるだろうということだった。ボールに強く行ったつもりだったけれど、彼のひざをヒットしてしまったと分かった。だから、すぐに謝ったよ」

「ダービー戦だったから退場にならなかったのかもしれない。こういった試合では、多くのボディコンタクトがあり、選手には多大なプレッシャーがかかっている。ファンも熱中しているんだ」

ミララスは、後半開始のときにL・スアレスと会話を交わしていたようだ。

「後半のキックオフ時に、スアレスに話しかけたんだ。『昨シーズン、君が僕にキックしたことを覚えているかい?』ってね」

「彼は笑いながら『あぁ。あれはフェアだったな』と答えた。もちろん、あのタックルと彼のキックは無関係だよ。スアレスはタックルを受けた後も問題なくプレーしていた。だから、大丈夫だったんだと思う。彼がケガしなくて本当に良かった」

Goal.com

新着記事

↑top