クロップ、DFBポカール制覇に意欲

2013年12月04日(Wed)0時04分配信


Tags: , ,

2012年はバイエルン撃破で優勝
2012年はバイエルン撃破で優勝【写真:goal.com】

ボルシア・ドルトムントのユルゲン・クロップ監督は、DFBポカール制覇に意欲を燃やしている。

ドルトムントはブンデスリーガ第14節終了時点、首位バイエルン・ミュンヘン伊勝ち点7差をつけられて3位に位置している。第13節ではバイエルンに直接対決で0-3と完敗して、優勝争いに大きく水を空けられている。

一方、ドルトムントは3日に行われるDFBポカールのベスト16でザールブリュッケンと対戦する。2012年、決勝でバイエルンを5-2と下して同大会優勝を達成したこともあり、クロップ監督はタイトル獲得に向け意気込んでいる。

「すべての意味で、勝利しなければらない試合だ。2011-12シーズン、我々は対戦相手ひとつひとつを真剣にとらえて、成功に満ちたカップ戦とした。ラウンドを飛んで回避したわけじゃない。ハードワークしなければいけなかったんだ」

「タイトル獲得には大きなチャンスがあり、我々は狂ったりしない。決勝の舞台に再び立ちたいね。あの決勝は、これまで経験した中でも最も素晴らしい瞬間のひとつだ」

Goal.com

新着記事

↑top