ヴェンゲル、同点弾のデウロフェウを称賛も…

2013年12月09日(Mon)7時52分配信


Tags: , , , ,

その前にルカクのファウルがあったと主張
その前にルカクのファウルがあったと主張【写真:goal.com】

アーセナルは8日、プレミアリーグ第15節でホームにエヴァートンを迎え、1ー1で引き分けた。アーセン・ヴェンゲル監督は、勝ち点2を逃したことを悔やんでいる。

エヴァートンに苦しめられながらも、アーセナルは80分に先制した。しかしその4分後、途中出場の相手FWジェラール・デウロフェウに同点弾を決められている。

ヴェンゲル監督は、デウロフェウにボールが渡る前にFWロメル・ルカクのファウルがあったと主張。同点弾は認められるべきではなかったと考えており、次のように話した。

「オフサイドとファウルがあったと思う。しかし、レフェリーは取らなかった。(ローラン・)コシールニーはヘディングできたはずだが、(ルカクの)オーバーヘッドでそれができなかった」

「ただ、だからといって相手にゴールを与えてはいけない。それに、デウロフェウをたたえないわけにはいかない。彼はうまくやった」

依然としてプレミアリーグの首位を走るアーセナルは、リーグ戦次節でマンチェスター・シティと対戦する。

Goal.com

新着記事

↑top