5バックだが弱点は守備陣。グループ最弱国コスタリカ、“死の組”で希望はあるか?

ブラジルW杯で“死の組”に入ったコスタリカ。北中米カリブ海予選は2位突破だが、ミスも多く、力の差は歴然としている。果たしてグループ最弱国に希望はあるのか?

2013年12月15日(Sun)12時37分配信

text by 池田敏明 photo Kazhito Yamada / Kaz Photography
Tags: ,

前線には好選手揃うが…

201312115_costarica
コスタリカ基本フォーメーション

 グループステージで同じ組に入ったのは、いずれもW杯優勝国のウルグアイ、イタリア、イングランド。イタリアのチェーザレ・プランデッリ監督は「我々が知らない相手であるコスタリカが最も難しい」と語ったが、情報を集めて分析をすれば「恐るるに足らず」と確信するのではないか。有力選手は何人かいるものの、強豪国と比べると格は一枚も二枚も落ちる。これが、筆者のコスタリカに対する率直な評価だ。

 ラテンの国らしく選手たちの技術力は高く、特に前線にはそれなりのタレントがそろっている。現チームのキャプテンでもあるブライアン・ルイスは得点力とチャンスメーク能力を兼ね備えたレフティーで、右サイドからのカットインと左足の強烈なシュートが持ち味。予選最終節のメキシコ戦で先制点を叩き込むなど、大舞台での勝負強さも兼ね備える。

 最前線はベテランのアルバロ・サボリオと新鋭ジョエル・キャンベルが併用されており、本大会でも調子のいいほうが先発メンバーに名を連ねるはずだ。サボリオは力強いポストプレーと豪快なシュートが自慢の本格派ストライカーで、キャンベルは爆発的なスピードと正確なフィニッシュを武器にゴール目がけて突進する。

 左サイドのクリスティアン・ボラーニョスは、2005年のクラブ世界選手権にデポルティーボ・サプリサの一員として出場し、エネルギッシュなドリブルと卓越したチャンスメーク能力で好評価を獲得してリヴァプール移籍寸前までいった選手。ベテランの域に達しつつある今も非凡な攻撃センスは健在で、高精度のクロスで決定機を演出する。

1 2 3

新着記事

↑top