対戦国より“第4の敵”、W杯よりCL。まだまだ下火の“ブラジルへの熱”に見える大国ドイツのプライド

W杯の組分けをドイツはどう見たのか。メディアではW杯特集が組まれ、識者もコメントを寄せた。そこにあるのは目に見えない“第4の敵”への強い警戒だ。だが、そもそもの熱気はどうだろうか。まだ人々の関心は完全にブラジルへ向いているわけではない。

2013年12月18日(Wed)12時45分配信

text by 本田千尋
Tags: , , , ,

グループ突破は「義務、使命」

W杯“死の組”をイングランドはどう受け止めたのか? 悲観と強気が交錯するなか見えたベスト8への希望
ドイツはグループGに。グループ突破は義務、使命であるといったところ

 大国のプライド、とも言えるのかもしれない。

 12月13日のことである。2部リーグの1.FCケルン対ディナモ・ドレスデンの試合の取材に出掛けた。スタジアムに向かうために、ケルン中央駅の地下鉄のホームに佇んでいると、線路の向こうにある大型スクリーンにニュースが次々と映し出されていく。

 そしてドイツ代表のブラジルでのキャンプ地のものが目に見えた。しかし、同じホームで佇む1.FCケルンの赤いマフラーを首に巻いた人たちは、これといった反応は示さなかった。

 12月6日にブラジルはサルバドールにて行われた翌年に控えたW杯の組み合わせ抽選で、ドイツはポルトガル、ガーナ、アメリカと同居するグループGに入った。

 抽選会直後の最新号である2013年12月9日付のKicker誌を購入すると(同誌は毎週月曜と木曜に発売である)、「W杯2014 タイトルの夢」と題された付録が挟み込まれていた。中身は抽選会の様子から、各グループの展望、各試合会場の紹介と、ちょっとしたW杯特集といったところだ。

 もちろん一番ページが割かれたのはグループGに入ったドイツ代表の展望のもので、「Vier gegen Deutschland」と題された記事が掲載されている。タイトルを直訳すると、「ドイツに対する4」となる。グループ内で対戦するのは3ヵ国なのだが、「4」とはどういうことなのか。

 そしてグループGを赤字で「Pflichtaufgabe」とする。グループ突破は、義務、使命である、といったところである。加えて「unsichtbare」=「目に見えない」リスクが待ち伏せしてはいるが、という文言が付け加えられている。

1 2 3

新着記事

↑top