負傷者続出で苦しみながらも、挑戦を楽しむクロップ

2013年12月25日(Wed)4時30分配信


Tags: , ,

「キャリアで最も厳しいシーズン」
「キャリアで最も厳しいシーズン」【写真:goal.com】

ボルシア・ドルトムントのユルゲン・クロップ監督は、今シーズン前半戦が自身のキャリアで最も困難なシーズンと認めた。その上で、若手の台頭を喜んでいる。

ドルトムントは負傷者の続出もあり、調子を落としている。ブンデスリーガではここ6試合で1勝と勝ち点を稼げておらず、4位に転落してウィンターブレークに突入した。

ドイツ『ライニッシェ・ポスト』で、クロップ監督が以下のように話した。

「ケガは私の指導者としてのキャリアで最も厳しいシーズンだ。良いことは、エリック・ドゥルム、マリアン・サール、ヨナス・ホフマンらがトップリーグでチャンスを得たことだね」

「我々の主軸が完全に壊れている。それが試合を変えるね。2人のCBに2人のサイドバック、2人の守備的MFが変わった」

それでも、クロップ監督は現在のチームでの挑戦を楽しんでいる。

「こういった人たちと働くことは喜びだ。勝たなければいけないというプレッシャーに対処する。それは我々がトップチームと認められているということだね」

Goal.com

新着記事

↑top