首位キープに安堵するウィルシャー

2014年01月02日(Thu)21時19分配信


Tags: , , ,

「前半はうまく機能しなかった」
「前半はうまく機能しなかった」【写真:goal.com】

アーセナルは1日、プレミアリーグ第20節でカーディフと対戦し、ホームで2-0と勝利した。MFジャック・ウィルシャーは、勝ち点3を獲得し首位をキープしたことに安堵しているようだ。

アーセナルは0-0で迎えた88分にFWニクラス・ベントナーが均衡を破るゴールを挙げると、ロスタイムにFWセオ・ウォルコットがダメ押しゴールを決めカーディフに勝利した。

ウィルシャーのコメントを、クラブの公式ウェブサイトは、以下のように伝えた。

「今日の試合では勝ち点3を望んでいたので、勝てて良かったよ。ゴールを狙っていたけど、前半はうまく機能しなかった。後半もストレスのたまる展開だったけど、最終的にゴールを挙げることができた。もし勝ち点1の獲得で終わっていたら、非常に落胆していただろうね。今日のような試合で勝つことは、いつだって最高だよ」

開幕20試合戦い首位に立つアーセナルだが、まだ優勝争いはオープンだと気を引き締めている。

「まだオープンだよ。早い時間の試合でマンチェスター・シティが勝っているし、リヴァプールやチェルシーも勝利している。だから僕らは勝ち続けていかなければならないんだ。自分たちのことだけを考えていく必要がある。ほかのクラブの心配をする余裕はないよ。まだ多くの試合が残っている。これから勝ち点を落としていくチームはでてくるだろう」

「1月、2月、3月はシーズンの中でもタフな時期だよ。そして4月からシーズン終盤に向かっていく。自分たちのプレーに集中していかないとね。僕らはアウェーで素晴らしいプレーができている。だから、エミレーツでも勝てるようにしていかなければならないね」

Goal.com

新着記事

↑top