現地識者はマンUのマタ加入を疑問視「起用法が不明」「香川の代わりにプレーし、ルーニーら放出の可能性も」

マンチェスター・ユナイテッドのマタ獲得が秒読み段階に入っている。果たしてこの移籍戦略は何をもたらすのか。チェルシーでは不遇の日々を過ごす選手の加入に現地識者は疑問を呈している。

2014年01月24日(Fri)11時29分配信

text by 藤井重隆 By Shigetaka Fujii photo Getty Images
Tags: , , , , ,

「ユナイテッドは哲学を変えなければならなくなるだろう」

現地識者はマンUのマタ加入を疑問視「起用法が不明」「香川の代わりにプレーし、ルーニーら放出の可能性も」
ファン・マタ【写真:Getty Images】

 イングランドのメディア関係者ならだれもが耳を傾ける英スカイスポーツの看板解説者、元イングランド代表DFのガリー・ネビル(元マンチェスター・ユナイテッド)とジェイミー・キャラガー(元リバプール)が、チェルシーからユナイテッドへの移籍が間近に迫っているスペイン代表MFファン・マタ(25)の補強について疑問を呈した。

 ユナイテッドの移籍金史上最高額となる3700万ポンド(約63億円)の4年半契約で基本合意に達したと報じられているマタは、日本代表MF香川真司と同じトップ下でプレーする選手なだけに、香川の出場機会減少も懸念されている。

――ガリー・ネビル解説者

「3700万ポンドは大金だが、補強は必要だった。ただ、マタはユナイテッド特有の哲学には適合しないと思う。最初の疑問は、彼をどこで起用するかということだ。ルーニーとファン・ペルシーが万全な状態である場合、2トップでプレーすることは確実であり、そうなった時に彼をどこでプレーするのか。左または右MFで使うのか。

 これまでに我々は、香川、クレベルソン、ベロンと言った本来トップ下の選手らが、中央MFでプレーできないため左MFに移動させられるのを見てきた。おそらくユナイテッドは哲学を変えなければならなくなるだろう。モイーズもそう考えているのかもしれないし、彼は4-3-3の布陣でプレーしたいのかもしれない。

 今のチームでマタを起用するためには変化が必須となる。ユナイテッドは普段から左右MFを起用している。状況に応じてコンパクトに戦う時もあるが、サイドには常に選手が張っているため、やはり疑問となるのはマタの起用法だ」

1 2

新着記事

FChan TV

↑top