CLベスト16。内田ら負傷で苦しいシャルケだが――。圧倒的有利なはずのレアルに存在する“不吉なデータ”

今夜、行われるCLベスト16。2試合あるが注目はシャルケ対レアル・マドリーの一戦だ。戦力で劣るシャルケは、内田篤人が負傷中でマドリーのキーマン、クリロナへの対策が心配されるなど苦戦は必須。マドリーは好調を維持してドイツに乗り込んでくる。圧倒的有利と思われるが、一つの不吉なデータも存在する。

2014年02月26日(Wed)11時39分配信

text by 海老沢純一 photo Kazhito Yamada / Kaz Photography
Tags: , , , , ,

手薄な右SB。対クリロナへの大きな不安

CLベスト16。内田ら負傷で苦しいシャルケだが――。圧倒的有利なはずのレアルに存在する“不吉なデータ”
クリスティアーノ・ロナウド【写真:Kazhito Yamada / Kaz Photography】

 26日に行われるチャンピオンズリーグのベスト16ファーストレグにおいて、内田篤人の所属するシャルケは、ホームでレアル・マドリーと対戦する。

 しかし、その内田は9日に行われたブンデスリーガ第20節のハノーファー戦で負傷。右足大腿筋の肉離れと診断され、手術は回避したものの復帰は4月以降と発表された。

 相手の左ウイングであるクリスティアーノ・ロナウドとのマッチアップを観ることが出来ないのは非常に残念だが、内田の欠場する右サイドバックには、主将のベネディクト・ヘヴェデスが入ることが濃厚だ。

 しかし、そのヘヴェデスも負傷明けから間もなく、スポーツディレクターのホルスト・ヘルトが独キッカーに対して「最終的には、彼自身が決断する事だ」と語っていることから、出場の可能性は流動的であることが分かる。

 また、ホルスト氏が「彼が出場する事は、当然だが非常に大きな意味を持つ」と語っているように、ヘヴェデスが欠場の場合に先発が濃厚なティム・ホーグラントでは、ロナウドを止めることは難しい。

 さらに、世界のビッグクラブから大きな注目を集めるユリアン・ドラクスラーも出場が微妙な状況だ。21日のマインツ戦で途中出場し、約2ヶ月半ぶりに戦列復帰したものの、トップフォームからはほど遠い。

 ドラクスラーに代わって左サイドを務めている19歳のレオン・ゴレツカは、本職はセンターハーフながら「100年に一人の逸材」と言われるだけに注目したい。

 そして、シャルケの鍵を握るのは、約5ヶ月もの長期離脱から復帰したクラース・ヤン・フンテラールだろう。フンテラールにとって、マドリーは古巣。

 しかも、2008年12月から2009年7月までのわずか半年間の在籍でACミランへと放出された因縁を持つ相手だけに鼻息も荒い。自身のゴールで勝利を掴むことが出来れば、チームもサポータもモチベーション高くアウェイでのセカンドレグに臨めるはずだ。

1 2

新着記事

↑top