W杯前に知っておくべきブラジルフッチボール。謎の企業“トラフィック”はサッカーの敵か、味方か(その4)

ブラジルのサッカーは明暗がはっきりしている。ピッチ上で熱狂が続く一方で、裏側では不正な金が飛び交い、時に選手たちも権力者も犠牲になる。そんなビジネス面に新興勢力が登場した。トラフィックという企業だ。ロナウジーニョの移籍で一躍有名になったこの企業は一体何をしているのか? 現地でその正体に迫った。

2014年03月16日(Sun)16時29分配信

シリーズ:W杯前に知っておくべきブラジルフッチボール
text by 田崎健太 photo Kenta Tazaki
Tags: , , ,

ジーコ創設のサッカー施設。現地では冷ややかな目

 ブラジルではサッカーはストリートで産まれる、と言う。

 物心ついた頃からソックスを丸めて作ったボールを蹴り始め、ストリートに出る。そこでサッカーに必要な技術を身につけるのだ。ボール扱いに上手い年長の子どもの足技を真似することもあるだろう。

 ストリートで駆け引き、マリーシア(ずる賢さ)――ピッチの中に必要なものを身につけるのだ。ここで才能を見せた子どもは、近くのサッカークラブのふるいに掛けられ、さらに磨かれる――。これが長年のブラジルのサッカー選手の作られ方だった。

20140224_jico_tazaki
CFZを立ち上げたジーコ【写真:田崎健太】

 状況に変化が起こったのは、今から20年前、90年代半ばのことだった。

 95年、鹿島アントラーズで現役引退したジーコが、生まれ故郷のリオ・デ・ジャネイロに自らの名前を冠したサッカー施設、セントロ・デ・フッチボール・ジーコ(CFZ ジーコ・サッカー・センター)を始めたのだ。

 ぼくはこの施設の初日を取材している。ジーコと一緒にプレーした、元ブラジル代表サイドバックのジュニオールなど錚々たる元選手でごったがえしていた。ただ、ブラジルでは冷ややかな見方をされていることも覚えている。

――金持ちの子どもを集めてサッカーを教えて意味があるのか。

 その後、ブラジル経済は好転し、ごく一部の富める人たちと、それ以外の貧しい人たちという社会構造が変わりだした。

1 2 3

新着記事

↑top