“バイバイ、イングランド”。難敵撃破のイタリア、現地は絶賛。「内容は優勝した2006年よりも上」

2014年06月15日(Sun)19時43分配信

text by 神尾光臣 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , ,

ミスが多かったパロッタ以外には高評価

“バイバイ、イングランド”。難敵撃破のイタリア、現地は絶賛。「内容は優勝した2006年よりも上」
選手の評点は、ガゼッタ・デッロ・スポルトがバロテッリとピルロ、シリグーに最高の7.5【写真:Getty Images】

 選手の評点は、ガゼッタ・デッロ・スポルトがバロテッリとピルロ、そして故障したブッフォンの代役として急遽ゴールマウスを守り、好セーブを連発したシリグーに最高の7.5。

 先制点を挙げたマルキージオやカンドレーバにも7が付いており、他の新聞でも大体同様の評価となっている。ただ、ミスを連発していた代表3試合目(!)のパロッタについてガゼッタは4.5。

「簡単なパスをミスし、あとはドリブルでも狙われていた。(イタリアに帰された)ラノッキアではダメだったのか?」と酷評で、デビューのスペイン戦でなかなかのパフォーマンスを繰り広げていたことは忘れられていた模様だ。

 RAIとともにTV中継を担当した衛星放送SKYでは、スタジオコメンテーターを務めたアレッサンドロ・コスタクルタが「選手たちはみんな素晴らしかったし、改めて(プランデッリ)監督は凄い。この結果に驚きはない」と絶賛。

 一方ジャンルカ・ビアッリは「ボールポゼッションが気に入った。本大会では試合中どれくらいまでフィジカルコンディションをキープ出来るかが鍵となっているが、イタリアのポゼッションはその意味でも有効だった」と評していた。

 明るいニュースの一方、新たな不安はブッフォンの故障だった。「ブッフォンの疑惑 これでW杯は終了?(コリエレ・デッロ・スポルト)と不安視されているが、プランデッリ監督は「次の試合でプレーする」と語っていた。

【了】

関連リンク

遠藤保仁、W杯を語る。日本サッカーが手にした知性
強いやつに勝ちたい。世界中に認められたい

1 2

新着記事

↑top