香川、『ファン・ハール監督がトップ下で評価』にはらむ危険性。マンUでの未来はセンターハーフにあり

プレシーズンのカップ戦「インターナショナル・チャンピオンズカップ」でマンチェスター・ユナイテッドとインテルと対戦し、PK戦の末にユナイテッドが勝利。後半開始から出場した香川は、ついにトップ下で起用。しかし、実際にはこの起用は危険性をはらんでいる。

2014年07月31日(Thu)10時00分配信

text by 海老沢純一 photo Getty Images , Kazhito Yamada / Kaz Photography
Tags: , , , , , , , , , ,

“プレシーズンマッチ”として有意義だったインテル戦

 マンチェスター・ユナイテッドは、プレシーズンのカップ戦「インターナショナル・チャンピオンズカップ」の第2戦でインテルと対戦。今シーズンからチームを率いるルイス・ファン・ハール監督は、この試合でも3-4-2-1のフォーメーションを採用した。

香川、『ファン・ハール監督がトップ下で評価』にはらむ危険性。マンUでの未来はセンターハーフにあり
今シーズンからマンUを率いるルイス・ファン・ハール監督は、この試合でも3-4-2-1のフォーメーションを採用【写真:Getty Images】

GK:リンデゴーア
DF:ジョーンズ、スモーリング、エヴァンス
WB:(右)バレンシア、(左)ヤング
CH:フレッチャー、エレーラ
トップ下:マタ
FW:ルーニー、ウェルベック

 対するインテルも、昨シーズンに引き続いて3バックのフォーメーションを採用。長友佑都はベンチからのスタートとなった。

GK:ハンダノヴィッチ
DF:ラノッキア、ビディッチ、フアン
WB:(右)ダンブロージオ、(左)ドド
アンカー:クズマノビッチ
CH:ジョナタン、クルヒン
FW:ボッタ、イカルディ

 FW2枚は、ボッタが少し下がり目の位置取りをして、イカルディの1トップ気味に縦に並ぶポジショニングを取った。

 ユナイテッドは、前回対戦したローマ以上にインテルが守備的だったこともあって得点を奪うことは出来なかったが、選手の連係やチーム全体のコンセプトの浸透度は上がっている印象だった。

 特に、複数の選手が絡むワンタッチのパスで相手のディフェンスラインを崩そうという姿勢がこの試合ではより強く表れており、何度かゴールに迫るシーンもあった。

 ローマ戦はルーニーのスーパープレーで勝利したが、この試合ではチームとしてやりたいことがある程度出来た試合だった。“プレシーズンマッチ”としては、3得点を挙げたローマ戦以上に無得点だったこの試合の方が有意義だったはずだ。

1 2 3

新着記事

↑top