レバークーゼン、CLプレーオフでFCコペンハーゲンに3-2先勝。指揮官交代で攻撃的に変身、成功のキーマンはソン・フンミン

2014年08月22日(金)13時00分配信

text by 本田千尋 photo Getty Images
タグ: , , ,

前へ積極的なプレス。ハマれば有効もカウンターから失点のリスクも

 そうしたハイプレスに加えて際立ったことは、ボランチのロルフェスからの、前線へのロングボールである。それはときに単調にも感じられ、ロングボールと言うよりは、放り込みとしたほうが適切かもしれない。

 必ずしもワントップのキースリンクに収めることを目的としたボールではなく、ひとまず前に送って、相手のボールになってしまったらプレスを掛けて奪う、といったものだ。どこかクロップのドルトムントを彷彿とさせるところもある。

 そういったスタイルで、コペンハーゲンを相手にレバークーゼンは前半開始から果敢に攻め入った。急襲は功を奏して、4分に早くもレバークーゼンは先制に成功する。チャルハノールが、右サイドを上がったドナーティにパスを送る。ドナーティが折り返して、キースリンクが押し込んだ。

 その後もレバークーゼンは何かに取り憑かれたように前へ前へと攻め入っていく。前述のシュミットのスタイルは、プレスがハマれば、攻撃し続けることが出来る。

 しかしそうではなかった場合、相手からのカウンターをまともに喰らうというリスクが常に背中合わせでもある。プレスをかいくぐられてしまえば、そこにあるのは広大なスペースだ。

 そうして8分にはカウンターからCKを獲得されて、ヨルゲンセンにヘッドで押し込まれる。1-1。

 18分には、左サイド手前からの直接FKがゴール前に送られて、ロルフェスがクリアミスしたところを、アマルティに頭でねじ込まれる。1-2。

 レバークーゼンは、チャンピオンズリーグのプレーオフということで気持ちが先走ったのか、勢いはあるが正確性に欠いた。

1 2 3

新着記事

↑top