リーガ八百長疑惑の聴取、計18人で幕を閉じる。ウチェ、ウェリントンは潔白を主張

2014年10月07日(火)12時37分配信

photo Getty Images
タグ: , , , , , , , ,

リーガ八百長疑惑の聴取、計18人で幕を閉じる。ウチェ、ウェリントンは潔白を主張
ウェリントン・シウバ【写真:Getty Images】

 2011年サラゴサ時代のハビエル・アギーレ監督が関与している可能性があるリーガ・エスパニョーラ八百長疑惑の聴取は僅か5日間で終わった。6日、元レバンテで現アルメリアのFWウェリントン・シウバと元サラゴサで現ビジャレアルのFWウチェが聴取を受け計18人がスペイン特捜部に証言した。スペイン『アス』が伝えている。

 まだ仮説であるが、スペイン『エル・ムンド』によると、リーガ残留がかかっていたサラゴサの前会長アガピト・イグレシアス氏は後に現金で回収するため、ボーナスの名目でサラゴサ選手9人と当時監督のアギーレ氏に一人当たり9万ユーロ(約1200万円)を入金し、自身は40万ユーロ(約5500万円)を口座から引き落とし、レバンテとその選手等に手渡した疑惑がかかっている。

 聴取の当日、最初に検察局に着いたのはウェリントン。現地時間9時38分に着き、11時05分に検察局を出て「全部上手くいったよ、ここにいることにビックリしている。八百長なんてなかった。話すべきことは話した」と報道陣に語った。

 対して、ウチェは11時20分に着いて11時40分に終了。「落ち着いているよ、僕は何も怪しいことには参加していない。普通の試合だった」と同じく報道陣に主張。

 5日に同じく『アス』が伝えた様に、これからスペイン特捜部は15日以内に告訴する見込み。

 事件担当の検察アレハンドロ・ルソン氏は18人の証言者を十分な人数とみなした。しかし、『アス』によるとルソン氏は聴取しなかった選手らも告訴するとのこと。

【了】

フットボールチャンネルfacebookはこちら→
フットボールチャンネルTwitterはこちら→

関連リンク

あなたの見ている多くの試合に台本が存在する

新着記事

↑top