ナポリサポーター500人が選手バスを取り囲み!2選手が乗れず

2014年10月25日(Sat)8時00分配信

photo Getty Images
Tags: , , , ,

20141024_higuain_getty
FWゴンサロ・イグアイン【写真:Getty Images】

 ヨーロッパリーグ(EL)のグループステージ第3節が現地時間23日に行われ、ナポリはFW久保裕也の所属するヤングボーイズにアウェイで対戦し、0-2で敗れた。この敗戦に腹を立てたナポリサポーターが、試合後に選手バスを取り囲んだと、24日のイタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』が伝えている。

 2連勝中でグループIの首位を走っていたナポリだったが、この試合でまさかの不覚を取り敗戦。順位も決勝トーナメント進出圏外の3位まで落としてしまった。しかし、3チームが勝ち点6で並ぶ大混戦であり、ナポリにはまだまだチャンスは残されている。

 それでもスイスの地まで応援に行ったサポーターは、納得がいかなかったようだ。格下相手に完封負けを喫したチームに激怒。約500人が、選手の乗るバスを取り囲んだという。さらに鉄パイプなどを振り回し、バスを攻撃。窓ガラスが破損するなどの被害があった模様。そして、ラファエル・ベニテス監督は、サポーターから侮辱も受けたと報告している。

 また、危険な状況にあったため、バスはすぐに出発。そのため、ドーピングコントロールを受けていたFWゴンサロ・イグアイン、DFラウール・アルビオルの2選手が乗りこむことができなかったようだ。

 幸い、大勢の人数がいたにもかかわらず、負傷者は出ていないと同紙は報じている。

 今季から、EL優勝チームには来季のCL出場権が与えられるだけに軽視はできない。リーグ戦もまだ優勝の可能性は残されている。サポーターの怒りを収めるためにもまずは勝利が必要だ。

【了】

フットボールチャンネルfacebookはこちら→
フットボールチャンネルTwitterはこちら→

新着記事

↑top