長崎の佐藤由紀彦が現役引退を発表。20年のキャリアに終止符

2014年11月06日(Thu)7時25分配信


Tags: , , ,

20141106_sato_getty
V・ファーレン長崎公式ホームページより

 V・ファーレン長崎は5日、佐藤由紀彦の今シーズン限りでの現役引退を発表した。

 JFL時代の2009年から長崎に在籍してJリーグ昇格や近年の躍進をチームの精神的支柱として支えた佐藤は現在38歳。今シーズンのリーグ戦出場はなかった。

 1995年のプロ入りから20年で8クラブを渡り歩き、いずれのクラブでも印象的な活躍を披露してきた“プリンス”はJリーグ通算232試合出場24得点で、JFLでも99試合に出場した。

 2003年には横浜F・マリノスの完全優勝に大きく貢献したことは多くのJリーグファンの記憶に残っているに違いない。特に同い年の故・松田直樹氏と親交が深かったことでも知られている。

 現役引退に際して佐藤は、クラブ公式HPを通して以下のようにコメントしている。

「20年間のプロサッカー人生においてお世話になりました、清水エスパルス、モンテディオ山形、FC東京、横浜F・マリノス、柏レイソル、ベガルタ仙台、V・ファーレン長崎のサポーター、現場スタッフ、選手、フロント、スポンサー、そして両親、家族。すべての皆さんに、感謝の言葉しかありません。素晴らしいサッカー人生でした!

 ただ、まだシーズンは残っていますので、あと少しの時間にはなりますが、現役生活をチームメイトと共に全力でもがきたいと思います。本当にありがとうございました」

【了】

フットボールチャンネルfacebookはこちら→
フットボールチャンネルTwitterはこちら→

新着記事

↑top