デル・ボスケ監督、スキャンダルが絶えないピケを擁護「常に模範的な態度をとってきた」

2014年11月07日(Fri)15時49分配信

photo Getty Images
Tags: , , ,

20141107_bosuke_getty
スペイン代表のビセンテ・デル・ボスケ監督【写真:Getty Images】

 スペイン代表のビセンテ・デル・ボスケ監督は、15日に行われるEURO2016グループ予選第4節ベラルーシとの対戦に向けた招集リストには「新メンバーが加わる」と明かした。スペイン複数メディアが伝えている。

 マンチェスター・シティのMFダビド・シルバやバルセロナのMFアンドレス・イニエスタが離脱中のスペイン代表だが、デル・ボスケ監督は「いない選手の代役を探しているわけではない。招集に値する選手を探している」と説明。

 その選手がレアル・マドリーのMFイスコ、ユベントスのFWアルバロ・モラタ、ナポリのFWホセ・カジェホンかまたはセルタのFWマヌエル・ノリートの内の誰かとの質問には「誰もが招集される可能性がある」と明確な答えは出さなかった。

 また、スキャンダルが絶えずバルセロナで2試合連続スタメン外になったDFジェラール・ピケについては「彼の最近のエピソードは気にしない。明日は招集リストに入っている。常にファンタスティックなパフォーマンスと模範的な態度をとってきた」と信頼を強調した。

 さらに、「個性が強くて栄光を勝ち取る立役者となった男だ。今も未来でも彼を信頼する」と加えた。

 スペイン代表は15日のベラルーシ戦の後、18日にドイツ代表との親善試合に臨む。

【了】

フットボールチャンネルfacebookはこちら→
フットボールチャンネルTwitterはこちら→

新着記事

↑top