ドルトムント、オーバメヤンのガボン代表への招集を拒否。アフリカでのエボラ感染を危惧

2014年11月09日(Sun)12時55分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , ,

ドルトムント、オーバメヤンのガボン代表への招集を拒否。アフリカでのエボラ感染を危惧
代表招集を拒否する意向を示したピエール=エメリク・オーバメヤン【写真:Getty Images】

 ボルシア・ドルトムントがFWピエール=エメリク・オーバメヤンの代表招集を拒否する意向を示している。8日のドイツ紙『ビルド』が報じている。

 週末にリーグ戦を終えた後、各国代表選手は代表ウィークにより、クラブを離れて代表に合流する。ガボン代表であるオーバメヤンも同様で、15日のアンゴラ戦、19日にレソト戦に向けて出発する予定。

 現在アフリカ大陸ではエボラ出血熱が猛威を振るっている。そのためドルトムントは、同選手への感染および拡大を危惧しているようだ。そして、同選手の招集を拒否する意向を示している。

 ドルトムントのミヒャエル・ツォルクSD(スポーツディレクター)は「代表に招集されることに文句があるわけではない。これは、健康に関する観点からだ」と、コンディションや怪我を懸念してのものではないとコメント。

 そして「我々はチームと選手に対して管理する責任を持っている。オーバとはよく話をする」と、同選手と話し合うと同紙に明かしている。

 アフリカサッカー連盟(CAF)は、すでに1月のアフリカ・ネーションズカップの開催を決定しており、ドルトムントの要求を受け入れるとは思えない。今後もアフリカ勢の代表招集は、波紋を呼びそうだ。

【了】

フットボールチャンネルfacebookはこちら→
フットボールチャンネルTwitterはこちら→

関連リンク

フットボールサミット第13回 香川真司取扱説明書 KAGAWAの活きる道
本田圭佑と香川真司 日本代表の核となる二つの個性
サッカー好きほど知らない戦術の常識
ドイツが独自に試みる「個」へのアプローチ「ライフキネティック」理論とは何か?

新着記事

↑top