ルーニー、14歳の時にサッカーを辞めようとしていた。翻意のきっかけは恩師の言葉「またフットボールを愛せるようになった」

2014年11月16日(Sun)9時00分配信

photo Getty Images
Tags: , , ,

ルーニー、14歳の時にサッカーを辞めようとしていた。翻意のきっかけは恩師の言葉「またフットボールを愛せるようになった」
エバートン時代のルーニー【写真:Getty Images】

 イングランド代表ウェイン・ルーニーは14歳のころ、一度はフットボーラーをやめようと思っていたと告白した。現地時間の14日『インディペンデント』が報じている。

 そんなルーニーの気持ちを変えたのは、エバートン時代の恩師コリン・ハーベイ氏。彼は選手、監督、そしてコーチとして40年以上もクラブに携わっていた。

「14歳でフットボールを楽しめなくなっていた時に、コリン・ハーベイが大きな助けとなってくれた。彼のお陰でもう一度フットボールを愛せるようになった」と話すルーニー。

「フットボールと同じくらいボクシングが好きだったんだけど、(ハーベイ氏に出会い)フットボールに集中することにした。あれは正しい判断だった」

 恩師となったハーベイ氏の言葉により、フットボールに専念することを決めたようだ。

「彼はたくさんの選手を見てきた中で、僕ほど才能を持っている選手は見たことないと言ってくれた」

「ハードワークを続ければ、すぐにでもトップチームに上がれるはずさ」

 この言葉の2年後、彼は実際に16歳でプレミアリーグにデビュー。その後の成功に繋がった。

 15日のスロベニアで、イングランド代表100キャップを達成したルーニー。この偉大な記録の裏にはこうした背景があった。

【了】

フットボールチャンネルfacebookはこちら→
フットボールチャンネルTwitterはこちら→

新着記事

FChan TV

↑top