イスラエルに惨敗のボスニア・ヘルツェゴビナ代表監督「記者たちとは話したくない」

2014年11月17日(Mon)21時31分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , ,

イスラエルに惨敗のボスニア・ヘルツェゴビナ代表監督「記者たちとは話したくない」
ボスニア・ヘルツェゴビナ代表のサフェト・スシッチ監督【写真:Getty Images】

 16日に行われたEURO2016予選でイスラエルに惨敗を喫したボスニア・ヘルツェゴビナ代表。

 前半に2失点すると、後半開始早々にCBのトニ・シュニッチがまさかの一発退場。その後も立て直すことができず、イスラエルにさらに1点を加えられて敗れた。

 その試合後、ボスニア・ヘルツェゴビナ代表のサフェト・スシッチ監督は怒りをメディアにぶつけえた。『ラジオ・サラエボ』が伝えている。

 W杯後の試合でわずか1勝しか挙げられず、EURO予選は未勝利のままグループ下位に沈んでいる状況で、スシッチ監督の進退も危ぶまれている。それについて「私の進退についてあなたがたジャーナリストたちと話したくない」とコメントした。

 しかし、「数日中に決断を下すつもり」と近いうちに何らかの動きがあることも示唆している。

 さらに「W杯出場を決めたとき私はボスニアで最も人気のある存在だった。しかし、今は最も嫌われているだろう」と自虐的に語っている。

 大方の予想ではこのまま辞任すると見られているスシッチ監督。イスラエル戦後は完全に自信を喪失した様子だったが、どのような決断を下すだろうか。

【了】

フットボールチャンネルfacebookはこちら→
フットボールチャンネルTwitterはこちら→

新着記事

↑top