負傷者復帰で「苦難の終わり」。昇格組パダーボルンに挑む“挑戦者”ドルトムント、香川は先発へ

ブンデスリーガ第12節、15位ドルトムントはアウェイで9位パダーボルンと対戦する。代表中断期間中に長期離脱者が復帰。ほぼ完全なメンバーが揃った中、地元紙は香川真司の先発を予想した。

2014年11月22日(土)10時45分配信

text by 本田千尋 photo Getty Images
タグ: , , , , , , , ,

攻撃のリズムに変化がない

負傷者復帰で「苦難の終わり」。昇格組パダーボルンに挑む“挑戦者”ドルトムント、香川は先発へ
ユルゲン・クロップ監督はどのメンバーで戦うのか?【写真:Getty Images】

 各国代表の国際試合によるブンデスリーガの中断期間中、地元紙には希望の萌芽のような見出しが載った。

 2014年11月19日付のドルトムントの地元紙ルール・ナッハリヒテンは「クロップは選択の苦悩を抱える」という見出しの記事を掲載する。「苦悩」というネガティブな言葉を用いながら、内容はポジティブなものとなっている。

 マルコ・ロイス、ヌリ・サヒン、オリバー・キルヒ、ヤコブ・ブワシュチコフスキがトレーニングに復帰する。

 特に、サヒン、キルヒ、ブワシュチコフスキといった長期負傷離脱者が、ピッチの上に帰ってきた。18日に行なわれた4部TSVハフェルセとの練習試合では、ブワシュチコフスキが25分間、キルヒが77分間、サヒンが86分間、それぞれプレーしている。

 サヒンはルール・ナッハリヒテン紙に対して「数日中に、パダーボルンでチームを助けることの出来るコンディションに持って来るつもりだ」とコメントを残した。ルール・ナッハリヒテン紙は同記事中で「苦難の時期の終わり」という小見出しを付けている。

 同紙は「クロップは再び選択の苦悩を抱える」としたが、それは負傷離脱者が多数出たことによるものではない。負傷者離脱者が数人復帰したことによるものだ。

 そして20日付のルール地方の地元紙レヴィアシュポルトは「やっとのことで贅沢な問題」と見出しを付けている。

 レヴィアシュポルト紙:「BVBの指揮官ユルゲン・クロップは翌週からほぼ完全なメンバーをまともに抱える」

 同紙は「状況はゆっくりと再びブンデスリーガのレベルに手探りで近づいている」と記している。

1 2

新着記事

↑top