実はクリーン? ペペ、今季リーガのCBで唯一の警告なし

レアル・マドリーのDFペペは、今季のリーガ・エスパニョーラでまだ警告を受けていない。これは全20クラブのレギュラーセンターバック40人で同選手のみである。スペイン紙『マルカ』が14日に伝えている。

2014年12月15日(Mon)15時50分配信

text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , ,

20141215_pepe_getty
レアル・マドリーのDFペペ【写真:Getty Images】

 レアル・マドリーのDFペペは、今季のリーガエスパニョーラでまだ警告を受けていない。これは全20クラブのレギュラーセンターバック40人の中で同選手のみである。スペイン紙『マルカ』が14日に伝えている。

 ペペと言えば、09年にヘタフェの元MFカスケロの蹴り倒しや12年にバルセロナのFWリオネル・メッシを故意に踏むなど、暴力的な行動が脳裏に浮かびやすいが、“キレる”ことさえなければ最もクリーンなディフェンダーであるといえる。

 その証拠に、ペペは今季リーガで出場した12試合でわずか5回しかファウルを犯しておらずイエローは0枚。対して同僚のDFセルヒオ・ラモスはファウル25回とイエロー5枚と、その差は歴然である。

 また、レッドに関してはここ3年一度も貰っていない。最後に審判が同選手にレッドカードを提示したのは2011年12月17日、リーガのセビージャ戦である。

【了】

フットボールチャンネルfacebookはこちら→
フットボールチャンネルTwitterはこちら→

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでつぶやく

新着記事

↑top