アフリカ杯で準々決勝の審判が6か月の謹慎

2015年02月05日(Thu)5時30分配信


Tags: , ,

アフリカ杯で準々決勝の審判が6か月の謹慎

チュニジア対赤道ギニア(『ユーロスポーツ』より)

 現在赤道ギニアで行われているアフリカネーションズカップの準々決勝の審判が6ヶ月の謹慎となった。4日にアフリカサッカー連盟(CAF)が発表している。

 対象になったのは準々決勝のチュニジア対赤道ギニア戦。モーリシャス人審判のラジンドラパーサド・シーチャーン氏は、チュニジアの1点リードで迎えた後半アディショナルタイムに、赤道ギニアに対し不可解なPKを与えた。

 試合は延長に突入し、2-1で赤道ギニアが逆転勝利となり準決勝へ駒を進めている。

 この判定に対し、CAFは「能力不足」と判断し、6ヶ月の謹慎処分を下している。

 また、この試合で「不適切な行為と攻撃的な態度をとった」としてチュニジアサッカー協会に5万ドル(約600万円)の罰金が科せられている。

【了】

フットボールチャンネルfacebookはこちら→
フットボールチャンネルTwitterはこちら→

関連リンク

サッカー好きほど知らない戦術の常識
一流フットボーラーがリアルに語る「個」の戦術論

新着記事

↑top